【サービス対応エリア】

▽神奈川県
大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市・厚木市・座間市・藤沢市
横浜市・川崎市・茅ヶ崎市・秦野市
逗子市
▽東京都
町田市・府中市・八王子市・青梅市
葛飾区・港区・荒川区・新宿区
杉並区・大田区・品川区・練馬区
渋谷区・板橋区

お彼岸2016.09.19

こんにちはいけともです。

9月に入り雨の日が続いていて我が家の愛犬は雨の日のお散歩を嫌がるので運動不足が続いて家の中で元気に遊んだりイタズラしたりして元気いっぱいです。

話しは変わりますが今日車で走っていたら霊園の駐車場にガードマンが立っている霊園が沢山あったので今日からお恥ずかしながらお彼岸ということに改めて気が付きました。

お彼岸とは3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間、もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)を指します。 年に2日あるお彼岸では、それぞれの初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい春分の日・秋分の日を「中日」といいます。

お彼岸にお供えをする「おはぎ」はじつはいつ食べるかが決められているようです。

まずはもちろん、お墓や仏壇にお供えしてご先祖さまに食べていただきます。その食べて頂くのがお彼岸の初日から3日間です。そして4日目に私たちが残りをいただくので正解は春なら春分の日、秋なら秋分の日に頂くのが正しいとされています。

私も甘いものより辛いものが好きですが和菓子派の私は美味しく頂くことにします。

ohagi

さらに春のお彼岸は「ぼたもち」=牡丹、秋のお彼岸は「おはぎ」=萩と言いそれぞれ季節のお花に由来して付いてるのです。

地域や季節によってはお団子をお供えするところもあるようですが忘れがちな風習は大事にしていきたいです。

yjimage

 

カテゴリー:著者: